日本ボランティア学習協会(JVLS) Japan Volunteer Learning Society
協会概要 紀要論文募集 学会の開催 主な取組 書籍案内 掲示板 表紙へ戻る
表紙 » 日本ボランティア学習学会

日本ボランティア学習学会



第15 回 日本ボランティア学習学会 inWakayama 募集要項

くらしが変わるボランティア学習
〜私が変わる・地域が変わるボランタリー生活〜



第15 回 日本ボランティア学習学会in Wakayama 開催趣旨

東日本大震災は地震・津波・原発事故という大きな複合被害をもたらし、国内外に衝撃を与えました。
被災者 同士の応急救命活動や復旧活動、国内外から集まったボランティアによる被災地支援活動は、被災者を救い励 ますと共に、 ボランティア自身の生き方を見直す多様なかたちで進められました。
そして、17 年前の阪神淡路 大震災時と同様、今回も大勢の若い世代の参加が見られました。
こうした災害時のボランティア活動をボラン ティアにとっての「非日常」世界の活動だけに終わらせず、「日常」の場での自身の身の置き方に変化をもたら す学びにつなげるために何が必要か、というボランティア活動と学びの「質」の問題を掘り下げます。
 
期日 2012年11月23日(金)〜24日(土)
会場   和歌山大学松下会館
和歌山県立図書館 (和歌山市西高松1-7-20和歌山大学松下会館内)
主催   日本ボランティア学習協会(JVLS)
後援   和歌山県教育委員会、和歌山県社会福祉協議会
連絡先  
◆和歌山大学地域連携・生涯学習センター
〒641-0051
和歌山県和歌山市西高松1-7-20(和歌山大学松下会館内)
電話: 073-427-4623  FAX: 073-427-7616
E-mail: jvls◆bunca.info  ◆を@に変更してご送信下さい。
◆日本ボランティア学習協会事務局
〒180-8629
東京都武蔵野市境5丁目 亜細亜大学1号館 栗田研究室内
電話/FAX: 0422-36-7326
E-mail: jvls.greenleafforminfo◆volunteer-learning.jp  ◆を@に変更してご送信下さい。

参加費

 
フォーラム 一般:1,500円
会員:1,000円
学生:無料
情報交換会 6,000円 学生:3,000円
昼食 1,000円
ツアー 3,000円
日本ボランティア学習協会会員のみなさま
会員総会を下記のとおり行います。
会員総会 11月24(日)12:15-13:00
※昼食¥1,000(お弁当【予約制】
※会員のみ。昼食は申し込みが必要です。
参加申込   大会へのお申込みは11/9(金)17:00までです。
下記の参加申込書に必要事項を記入し、大会事務局まで郵送・FAX又はメールでお送りください。 また、参加費は当日受付でお支払いください。
オプション   会終了後 「秋津野ガルテン視察 オプショナルツアー」をご用意しました。
ふるってご参加ください。
 

 

大会プログラム概要

11月 23日(金)
13:00-13:30 開場・受付開始
12:30-13:15 理事会 ※役員のみ
13:30- 開会
13:35-14:15 基調講演 生涯学習とボランティア
山本健慈(和歌山大学長)
14:15-14:30 アレック・ディクソン賞授賞式
<世界のボランティアの父>とよばれたアレック=ディクソン博士の業績を記念し、ボランテ ィア学習について優れた活動を行った個人・団体の表彰を行います。
14:30-17:00 シンポジウム
テーマ「くらしが変わるボランティア学習〜ボランタリー生活革命〜」
コーディネーター 名賀 亨氏(華頂短期大学准教授・協会理事)
シンポジスト

山本 健慈 氏(和歌山大学長)
川中 大輔 氏(シチズンシップ共育企画代表)
高田 研 氏(都留文科大学教授・協会理事)

18:00-20:00 情報交換会
※希望者のみ。会費(6,000 円、学生は3,000 円)が別途必要です
◆会 場:イニングミュウ
(ホテルグランヴィア和歌山5 階、和歌山市友田町5-18、JR 和歌山駅より徒歩1 分)
*大会参加の申し込みと同時にお申し込みください。
11月 24日(日)
9:00- 9:50 自由研究発表
会員の研究成果を発表・協議する時間です。ふるってご参加ください。
発表申し込みについては参加申込書にご記入下さい。
10:00-12:00 分科会
【第1分科会】 「災害ボランティアとボランティアセンターの役割」
事例発表者 奥田 修子 氏(新宮市社会福祉協議会)
柏木 順治 氏(和歌山県日高川町三百瀬<みおせ>区長)
出口 寿久 氏(和歌山大学地域連携・生涯学習センター長/教授)
コーディネーター 原田 多美子 氏(大阪経済大学客員教授・協会理事)
【第2分科会】 「田辺市上秋津の地域への挑戦」
事例発表者 玉井 常貴 氏(農業法人株式会社秋津野副会長)
原和 男 氏(秋津野地域農家)
コーディネーター 今西 幸蔵 氏(神戸学院大学人文学部教授・協会理事)
【第3分科会】 「私が変わる社会は変わる〜現代の教育課題とコミュニティサービスラーニングの可能性」 
事例発表者 山口 洋典 氏(立命館大学サービスラーニングセンター副所長/准教授)
樋下田 邦子 氏(岐阜経済大学経済学部准教授)
【第4分科会】 「ボランティア学習のためのワークショップ講座」
進行 高田 研 氏(都留文科大学・協会理事)
12:15-13:00 総会
※昼食¥1,000(お弁当【予約制】
※会員のみ。昼食は申し込みが必要です。
13:00 閉会
会終了後 「秋津野ガルテン視察 オプショナルツアー」   PDF(554KB)
参加申し込み
11月9日(金)まで
下記の参加申込書に必要事項を記入し、大会事務局まで郵送・FAX又はメールでお送りください。
また、参加費は当日受付でお支払いください。
会場及び交通案内
会場 和歌山大学
〒641-0051
和歌山県和歌山市西高松1-7-20(和歌山大学松下会館内)
電話/FAX 073-427-4623/073-427-7616
交通
大きな地図で見る

■和歌山バスに乗車する場合、JR 和歌山駅・南海和歌山市駅に乗車し、
高松停留所で下車してください。バスの運行頻度は10 分に1 本程度です。
和歌山バス ルート検索
■タクシーに乗車する場合、「県立図書館隣の和歌山大学松下会館」と説明して
ください(和歌山市内には<松下>と名前のつく施設が複数あります)。
参加申込書
(PDF 602KB)
PDFファイルが開けない方は、下記よりAdobe Readerのダウンロードをお願いいたします。

このページトップへ




back numberご報告:
第19回日本ボランティア学習学会東京大会(2016年度開催案内)
第18回日本ボランティア学習学会岐阜大会(2015年実施報告)
第18回日本ボランティア学習学会岐阜大会(2015年度開催案内)
第17回日本ボランティア学習学会宮崎大会(2014年度実施報告)
第17回日本ボランティア学習学会宮崎大会(2014年度開催案内)
第16回日本ボランティア学習学会in Tokyo(2013年度実施報告)
第16回日本ボランティア学習学会in Tokyo(2013年度開催案内)
グローバル社会に育む生きる力 〜グローバル社会の学びとボランティア学習の可能性〜

第15回ボランティア学習学会和歌山大会(2012年度)
「くらしが変わるボランティア学習〜私が変わる・地域が変わるボランタリー生活〜」

第13回全国ボランティア学習研究フォーラム東京大会 (2010年度)
「市民社会を築くボランティア学習」

第12回「全国ボランティア学習研究フォーラム東京・世田谷大会」(2009年度)
「生きることの意味と社会の価値を探求するボランティア学習」

第11回「全国ボランティア学習研究フォーラム・島根大会」(2008年度)
「『学ぶ力』を育てるボランティア学習」

第10回全国ボランティア学習研究フォーラム東京大会(2007年度)
「「変化」の時代のボランティア学習」

第8回全国ボランティア学習研究フォーラム長崎・諫早大会(2005年度)
「自ら学ぶ力を育む」

第7回全国ボランティア学習研究フォーラム京都・亀岡大会(2004年度)
「市民社会を築く学びヘ」

第6回全国ボランティア学習研究フォーラム東京・武蔵野大会(2003年度)
「交響する学びの世界へ」


このページトップへ



MAIL Copyright (C) 日本ボランティア学習協会 All Rights Reserved.